について

デンマーク遺伝子

デンマーク遺伝子

デニッシュ・ピッグジェネティクス社は将来を見据え、遺伝子の始まりから食料生産までの完全な価値連鎖を考慮しています。

グローバルな豚の育種プログラムの鍵は、世界の豚肉市場の動向、顧客の需要そして国際的な遺伝学の専門知識とツールを組み合わせることにあります。

デニッシュ・ピッグジェネティクス社は、世界に通用する製品を開発で、産子数が多く、高いす増体重、低い飼料消費量そして肉率が高い生産能力の高品質な豚を育成しています。

Danish Pig Geneticsの育種プログラムの目的は、プロセスを最適化し、コストを最小限に抑え、より良い財務的リターンを生み出すことです。言い換えれば、経済的、環境的、社会的な側面から豚の生産の持続可能性を高めることです。より少ないインプットでより多くのアウトプットを、そして母豚1頭あたりの年間生産量を増やすことが、豚生産の未来を確実なものにするために不可欠なのです。

効率、成長、頑健性、繁殖、母性、枝肉品質

生物学的に複雑であるため、効率、成長、頑健性、繁殖、母性、枝肉品質といった目標形質のバランスを取る必要があります。 このため、Danish Pig Genetics社はEdinburgh大学のRoslin Technologies社と提携し、最適化ソフトウェアツールで遺伝学の未来を開発することにしました。

重要な機能

トップページに戻る